全自動迅速一般性菌数計数(カウント)が実施できます。

カット野菜試料中の一般生菌数も迅速に全自動カウントできます!

一般生菌数のコロニーカウントも、培養しながら、迅速に全自動で計数できます!

マイクロバイオμ3D 全自動 迅速 微生物検出装置

 

全自動迅速微生物検出装置 MicroBio μ3D AutoScanner  マイクロバイオμ3D 全自動 迅速 微生物検出装置へ標準寒天培地シャーレ装填

標準寒天培地シャーレをセットして、

スタートするだけです。

 

一般生菌数は、標準寒天培地を用いて35℃±1℃で48時間養後にコロニー数をカウントして得られるものとされています。 (Standard Plate Count)
至適培養温度が異なるいろいろな菌がいる試料ではどこかで時間を切ってコロニー数を決める必要があるため、48時間で培養を止めてコロニー数をカウントすること、とされています。

 

このコロニー数は、出し方が決め事によるものですので、加速することはできませんが、寒天培地用 全自動 微生物 迅速検出装置 MicroBio μ3D を使用すれば実数を培養過程でミクロのレベルで計数をしていますので、例えば食品試料などは基準数を超えるような菌数は迅速に把握することができます。

 

目視の一般生菌数の検査では、目視カウントできるように1試料について段階希釈した数枚の寒天培地を用意する必要があります。寒天培地用 全自動 微生物 迅速検出装置 MicroBio μ3D は、1個〜数千個以上のコロニー数を正確に計数できますので、1試料につき1枚の標準寒天培地で一般生菌数の計数ができます。


試料が カット野菜 の 例 【全自動 迅速計数】

 

実例の一つを紹介します。

 

    例 )
     使用機器:MicroBio μ3D AutoScanner
     試供菌株:一般生菌(生カット野菜試料中の菌)
     寒天培地:標準寒天培地
     試料形態:1ml試料、混釈、
     培養条件:35℃ 48時間培養
     備  考:スーパーマーケットで購入した生カット野菜試料。
           ストマックしてフィルターし、希釈して使用。

 

カット野菜試料の一般生菌数カウント グラフとシャーレ画像

 

検査中でも上図のようなグラフと画像を各シャーレごとに表示させることができますが、この試料の場合は、24時間目では生菌数が確定しています。

 

検出時間

計数

コロニー計数グラフ

シャーレ画像

計数マーカー

 

 

0時間

 

 

0個

カット野菜試料 培養前のシャーレ画像

 

 

24時間

 

 

2,348個

カット野菜試料 一般生菌数24時間目までのグラフ

カット野菜試料 一般生菌数24時間目のシャーレ画像

カット野菜試料 一般生菌数24時間目の計数マーカー

 

 

48時間

 

 

2,597個

カット野菜試料 一般生菌数48時間までのグラフ

カット野菜試料 一般生菌数48時間目のシャーレ画像

カット野菜試料 一般生菌数48時間目の計数マーカー

 

この例のように、目視では困難な数のコロニーをミクロのレベル(マイクロコロニー)から培養しながらカウントしますので、全自動で速く正確な実数が、培養過程ではいつでも確認できます。これにより、生菌数が品質規定値を超えたときは即座に知ることができます。


ホーム
定性試験法 定量試験法 VDCS 装置 μ3D 装置 迅速検査キット 培地各種 ご注文 お問合せ 会社概要