自動迅速微生物培養検出、迅速検査キット、培地の製造・販売をしています。

マイクロバイオ株式会社

マイクロバイオ 全自動迅速微生物検査システム

マイクロバイオ社 ロゴ

 全自動迅速微生物検査システム

標準培養法

ハイテク法 へと 進化 しています!


当社は、標準培養法(公定法)をそのまま自動化した全自動微生物迅速検出装置迅速検出キットの製造販売をしています。
提供する培地は、グラフによる液体培地評価法寒天培地評価法 で的確に評価されています。
ご使用の培養法そのままで、速く確実に生菌を検出し、計数できます。
どのようなご要望にもお答えができるほどの万能な検査システムとなっていますので、お問合せください。

 

 

 

マイクロバイオ検査システム

 

特 長

 

製品群

 

 

 

寒天培地


 

混釈培地、 生寒天培地、 液体培地、 粉末培地、 
MicroBio μ3D 検査装置により科学的に微生物の培養特性を把握し、 選択的にターゲット菌を検出できるように開発された培地シリーズです。使いやすく、確実で迅速な微生物検出(細菌検査)を可能にしています。


 

MicroBio μ3D

 

全自動 迅速 微生物検出装置 MicroBio μ3D AutoScanner
試料を添加した寒天培地シャーレをセットして検査をスタートさせるだけで迅速な微生物のリアルタイム検出(細菌検査)が全自動で実施できます。培養しながらリアルタイムでマイクロコロニーを迅速に検出し、スマートフォンなどに自動通報します。スマートフォンへのe-mailにはシャーレの画像が添付されていますので、マイクロコロニーを拡大しての確認が容易です。検出法は、全自動微生物迅速検出 タイムラプス影像解析法です。

 

販売提携先:日本BD社webにも製品紹介されています。

動画:

マイクロコロニー解析とは 

    ○使用法           

運用事例           

導入実績とお客様の声 

マイクロバイオ μ3D インタビュー


 

 

 



 

迅速微生物検査キット センシメディア 各種タイプ
生菌(1微生物レベル)の検出が確実! 単体使用可能
液体培地とCO2センサーが封入された試験管タイプの検査キットです。微生物が増殖過程で発生するCO2を検知し、センサーが 濃紺色から黄色に変化します。


 

 

全自動 迅速 微生物検出装置 Biomatic VDCS
SensiMedia(センシメディア)用の検査装置で、画像モニターシステムにより微生物の存在を自動的に検知します。微生物繁殖時間計測機能により、液体培地の性能や微生物の性状がグラフで把握できます。MicroBio μ3D と同様に、微生物を検出したら携帯電話などに通報することができます。
検出法は、センシメディア 微生物迅速検査法です。

 


 

 

 

 

【応用例、性能】 マイクロバイオ微生物検出システム

 

 大腸菌群など微生物をかんたんに検出!

 

試料を入れて培養するだけです。

そのセンシメディアSMをドライバスにセットすればセンシメディアのセンサーが装置のディスプレイのようにきれいに見えます。検出装置なしで同等の検査が実施できます。

試料1ml以上や固形物、粉末でも添加できます。大腸菌群検出など、迅速検出には大変便利です。

 

 

 

 径55mmシャーレに試料1mlを混釈!

 

ドライバスにACM混釈培地(試験管)を挿入してスタートすると、自動的に培地を溶解(95℃程度)して保温(45℃程度)になります。この試験管に試料(1ml)を入れて転倒混和してから添付シャーレ(55mm)に注ぐと、かんたんに直径φ60程度のシャーレでもきれいに混釈できます。このままでも、φ90シャーレと同等の検査がエコノミーにできますが、マイクロバイオμ3D装置を使用すれば、自動迅速微生物検出ができます。

 

 

 

 食中毒菌も検査キットか寒天培地で迅速検出

 

サルモネラ、黄色ブドウ球菌など、食中毒菌も検査キットで迅速検出ができます。Biomatic を使用すれば、全自動迅速検出ができます。寒天培地を使用しても、マイクロバイオμ3D 装置で全自動迅速検出ができます。

 

 

 

 ハンバーグ残渣の試料で大腸菌4個を検出!

 

ハンバーガー残渣400片ほど共存する中、大腸菌4個のコロニーを14時間で検出しています。

検出・計数が精確です。検出時間は、残渣がない状態では数時間は早くなります。

 

 

 

 

 大腸菌群 牛乳2ml 混釈、速い 全自動!

 

大腸菌群検査 2ml混釈可能、迅速で全自動

デソキシコレイト寒天培地 (例: 牛乳 2ml 混釈)で大腸菌群 迅速 検査ができます。混釈培地ACMを使用すれば、φ90シャーレに試料2mlをきれいに混釈出来ます。これをマイクロバイオμ3D装置で全自動迅速検出できます。公定法で 全自動検出していることになります。

 

 

 

 

 大腸菌群 迅速検出キットで、 かんたん!

 

大腸菌群 検査キットで迅速検出

試料を入れて培養するるだけです。検査装置は必要ありませんが、装置より正確です。ドライバスを使用すれば、検査装置と同じことができます。多量の試料粉末、固形物も添加して検査できます。Biomatic を使用すれば、全自動でリアルタイム検出ができ、警報メールをスマートフォンで受信することができます。

 

 

 

 

 カット野菜など、一般生菌数 カウントが速い!

 

一般生菌数 迅速 計数は標準寒天培地で

マイクロバイオμ3D装置を使用すれば、一般生菌数も全自動で早く正確にコロニーカウントできます。 野菜やハンバーグなど、試料中のゴミもほとんど影響ありません。

検査をスタートさせて24時間後には95%程度の一般生菌数計数ができ、48時間の計数値が予測できますが、菌数が検査規定値が多い場合は、24時間も待たずに早く判断できます。

 

 

 

 大腸菌 迅速検出キット 青く光ります!

 

大腸菌 迅速 検出キット センシメディア

センシメディアは大腸菌群を検出するとセンサーが黄色になります。このセンシメディアにブラックライトを照射するとブルーの蛍光を発しますので、大腸菌群の中に大腸菌が混在していることが確認できます。 大腸菌が存在していなければ、O157も存在していないことになりますので、大腸菌群とO157の陰性確認が同時にできます。

この例のタイプは試料5ml添加用です。

 

 

 飲料なども、フィルター法で、検出が速い!

 

フィルター法 全自動迅速微生物検出

液体試料をろ過したフィルターを寒天培地に乗せてマイクロバイオ μ3D 装置 に入れ、検査をスタートさせれば、全自動で迅速な微生物検出ができます。

φ60専用のマイクロバイオμ3D AutoScanner を使用すれば、一度に200枚のシャーレ検体を検査できます。

 

 

 

 

 

 カビ 全自動 迅速検出・定量できます!

 

カビ 全自動 迅速検出・定量

定量可能」 マイクロバイオ μ3D 装置を使用すればカビも全自動で迅速に検出でき、コロニー計数ができます。

カビの検出を確実にするには普通のPDAには増殖しないExophiala も検出できるマイクロバイオのPDAがお薦めです。

 

 

 

 耐熱性好酸性菌も、かんたんに 迅速検出!

 

試料1mlをセンシメディアに添加して50℃で24時間培養すれば、A. acidoterrestris を含むAlicyclobacillusが検出できます。

このセンシメディアの培養液にGuaiacol が産生されているかを試薬に添加してグアイアコールの有無を確認します。

グアイアコールが産生されていれば、A. acidoterrestris が存在しています。

検査がかんたんで、大変便利です。

 

 大腸菌群 牛乳20ml、速い 検査キット!

 

大腸菌群 牛乳20ml 迅速検出キット BGLG液体培地 公定法 センシメディア

BGLB公定法

ダーラム管の替わりにCO2センサーが入った迅速検出キットです。公定法に則って、例えば牛乳20mlの迅速検査ができます。

公定法ではBGLBを使用するkとになっていますが、試料20mlを添加できるセンシメディアも用意しています。「

 

 

 

 サルモネラ検出も、液、粉、固形、OK!

 

サルモネラ 迅速検出キット 固形試料検査可能

センシメディアを使用すれば、試料は、液体粉末固形物など、形状や色を問いません。 

肉片もそのまま添加して検査できます。

 

 

 

 

 エクソフィアラ(Exophiala) 迅速検出できます!

 

エクソフィアラ 全自動 迅速検出

マイクロバイオ社のPDAをマイクロバイオ μ3D 装置で使用すれば、Exophiala(エクソフィアラ)(製品回収の原因カビ)を全自動で迅速に検出できます。

Esophiala は、普通のPDAでは増殖しません。

 

 

 

 嫌気性菌(乳酸菌)も 全自動 迅速検出!

 

嫌気設定キット

寒天培地1枚ごとを嫌気設定にして、マイクロバイオ μ3D 装置に装填してスタートすれば、全自動で迅速な検出ができます。

乳酸菌などの嫌気性菌の全自動検出には大変便利です。

 

 

 

 サルモネラ 全自動迅速検出 できます!

 

Salmonella typhimurium 全自動迅速検出

サルモネラ検出用の寒天培地をマイクロバイオ μ3D 装置で使用すれば、サルモネラを全自動で迅速に検出できます。

サルモネラに限らず、選択培地を使用すれば、どの菌でも自動迅速検出ができます。

 

 

 

 

 コロニー計数レンジが1〜数千と広いです!

 

一般生菌数の計数をするとき、全自動迅速検出の マイクロバイオ μ3D 装置を使用すると、計数レンジが1〜数千と広いので一般生菌数の計数は検体数が少なくてすみます。

極端に言えば、検体が1枚でも正確に計数できます。

 

 

 

 好気性菌(カビなど)も 迅速検出です!

 

好気生菌(カビなど)用センシメディアセンシメディアは密閉型ツールなのでカビ検出も安心です。試料10mlが添加できます。R2Aセンシメディアは、水の検査にも最適です。

 

 

 

 クロストリジウム検出と嫌気性菌検出バリデーション

 

クロストリジウムは、嫌気培養でないと増殖しません。

試料はチオグリコール培地に混釈して、シャーレを嫌気設定キットに入れて、マイクロバイオμ3D 装置で培養検出します。

嫌気性菌検出のバリデーションをSCD寒天培地で混釈すると、クロストリジウムが培養できませんので注意が必要です。

 

 

 MicroBio μ3D 全自動 迅速検出・計数例!

 

マイクロバイオ μ3D 装置による大腸菌、カンジダ、黒カビの迅速検出とコロニーカウントのグラフの例です。

迅速で、正確です。

 

 

 

 

 

 

 2菌種同時に検出すると、階段状になります。

 

E. coli C. albicans など2菌種を同時に検出しますと、コロニーカウントグラフは階段状になります。

 

 

 

 

 

 

 グラフによる抗菌性評価が、かんたんで明確!

 

試料が液体培地の一部になりますが、抗菌効果がグラフで確認できます。 かんたんで、明確です。

 

 

 

 

 

 

 1cfuが、実はコロニーが2個なのです。

 

24時間培養後では1cfu の大腸菌コロニーも、実は、8時間後の検出時には、コロニーは2個だったのです。

 

 

 

 

 ハンバーグ裏の目視不能なコロニーを検出!

 

 

 

 

ハンバーグ片の裏に増殖したコロニーも検出してカウントできます。

そのうち目視でも観察はできるようになります。

 

 

 

ホーム
定性試験法 定量試験法 VDCS 装置 μ3D 装置 迅速検査キット 培地各種 ご注文 お問合せ 会社概要