MicroBio μ3Dでクロストリジウムなど、嫌気性菌も全自動迅速検出できます。

クロストリジウムの検出と嫌気性菌検出のバリデーション

クロストリジウム スポロゲネスの検出と「嫌気性菌検出のバリデーション」について

クロストリジウムは高温でも殺菌が困難な食中毒菌であり、クロストリジウム属はチオグリコレート寒天培地中でないと増殖できないとされています。嫌気性菌検出のバリデーションのためには、クロストリジウム試料をチオグリコレート寒天培地に混釈して嫌気設定キットで嫌気にし、MicroBio μ3Dにより35℃培養して菌の検出を確認します。次の検出結果は、BioBall30をチオグリコレート培地で混釈して検出を確認したものです。

 

     使用機器: MicroBio μ3D AutoScanner
     試供菌株: BioBall30 [ Clostridium sporogenes (NCTC 12935 )]
     寒天培地: チオグリコレート寒天培地
     試料形態: BioBall30を混釈して嫌気設定キットでパッキング
     培養条件: 35℃ 42時間培養
     試験結果: 36時間で31コロニー検出 (標準のBioBallが1生菌多かったもの)

 

42時間培養後

影像

計数マーカー

 

 

 

 
上記のグラフは検査時にも表示できます。自動検出計数はグラフが示しているように、この例では36時間で検出計数が31個として完了しています。
 

 

次のケースは、BioBall30を標準菌株としてSCD寒天培地に混釈してクロストリジウムの検出を確認したものです。
 
     使用機器: MicroBio μ3D AutoScanner
     試供菌株: BioBall30 [ Clostridium sporogenes (NCTC 12935 )]
     寒天培地: SCD寒天培地
     試料形態: BioBall30を混釈して嫌気設定キットでパッキング
     培養条件: 35℃ 42時間培養
     試験結果: 26時間で3コロニー検出 (標準のBioBall30の生菌が3生菌に激減)

 

42時間培養後

影像

計数マーカー

 

 

 

 

 

この結果が示すように、検出計数したコロニーが3個と激減しています。 SCD寒天培地で通常通りに混釈しますと、シャーレを嫌気設定キットでパッキングしても培地中のクロストリジウムが死滅してしまいますので、標準菌株を「SCD寒天培地での混釈」したものでは嫌気性菌検出のバリデーションができないことになります。

 

クロストリジウム属菌は、偏性嫌気性の芽胞を形成するグラム陽性の桿菌です。酸素が全くない嫌気的条件でのみ増殖が可能な菌で、チオグリコレート培地では増殖すると言われています。


ホーム
定性試験法 定量試験法 VDCS 装置 μ3D 装置 迅速検査キット 培地各種 ご注文 お問合せ 会社概要