カビ(真菌) 全自動 迅速検出・定量: カビ・真菌の全自動迅速検出ができます。また、正確度の高い定量試験が実施できます。

カビ の全自動迅速検出計数ができます!

カビ の全自動迅速検出計数(定量)ができます!

全自動 迅速 微生物検出装置 Microbio μ3D

 

全自動 迅速 カビ検出 Microbio μ3D   全自動迅速微生物検出装置 MicroBio μ3D AutoScanner

PDA寒天培地シャーレをセットして、スタートするだけです。

(MicroBio PDA 寒天培地がお薦めです。)

 

カビ・真菌のコロニーは、菌糸の影響もあって、長時間の培養後では近傍のコロニーが重なり合って正確にカウントすることが困難になります。寒天培地用 全自動 微生物 迅速検出装置 MicroBio μ3Dタイムラプス影像解析法により寒天培地を培養しながらマイクロコロニーをミクロのレベルで検出・計数しますので、検出も速く、カビ・真菌を定量することも可能です。


アスペルギルスの検出

3種類の寒天培地によるアスペルギルスの検出例を次に紹介します。
PDA、GPLP、サブローの各寒天培地を使用して、アスペルギルスの同じ試料をそれぞれに0.1ml塗抹し、28℃で48時間培養した結果です。35時間ほどで菌全数の検出は終わっています。

 

     使用機器:MicroBio μ3D AutoScanner
     標準菌株:Aspergillus brasiliensis(NBRC9455)、
     試料形態:0.1ml試料、塗抹、
     培養温度:28℃ 
     試験結果:48時間培養、

 

 

ポテトデキストロース(PDA)寒天培地

 

計数

検出結果グラフ

計数マーカー 

92個

アスペルギルス 全自動 迅速 カビ検出 Microbio μ3D 

アスペルギルス 全自動 迅速 カビ検出 Microbio μ3D 

 

 

レシチン、ポリソルベート添加グルコースペプトン(GPLP)寒天培地

 

計数

検出結果グラフ

計数マーカー 

96個

アスペルギルス 全自動 迅速 カビ検出 Microbio μ3D

 

アスペルギルス 全自動 迅速 カビ検出 Microbio μ3D

 

 

サブローデキストロース寒天培地

 

計数

検出結果グラフ

計数マーカー 

107個

アスペルギルス 全自動 迅速 カビ検出 Microbio μ3D

アスペルギルス 全自動 迅速 カビ検出 Microbio μ3D

ペニシリウムの検出

PDAによるペニシリウムの検出結果例を次に示します。72時間培養していますが、45時間ほどで菌全数の検出は終わっています。

 

     使用機器:MicroBio μ3D AutoScanner
     標準菌株:Penicillium citrinum(NBRC 6352)、
     寒天培地:ポテトデキストロース(PDA)、
     試料形態:0.1ml試料、塗抹、
     培養温度:28℃ 
     試験結果:72時間培養

 

 

ポテトデキストロース(PDA)寒天培地

 

計数

検出結果グラフ

計数マーカー 

220個

ペニシリウム 全自動 迅速 カビ検出 Microbio μ3D

ペニシリウム 全自動 迅速 カビ検出 Microbio μ3D

カンジダの検出

PDAによるカンジダの検出結果例を次に示します。24時間培養していますが、20時間過ぎには菌全数の検出は終わっています。

 

     使用機器:MicroBio μ3D AutoScanner
     標準菌株:Candida albicans(NBRC1594)、
     寒天培地:ポテトデキストロース(PDA)、
     試料形態:0.1ml試料、塗抹、
     培養温度:28℃ 
     試験結果:24時間培養

 

 

ポテトデキストロース(PDA)寒天培地

 

計数

検出結果グラフ

計数マーカー 

763個

カンジダ 全自動 迅速 カビ検出 Microbio μ3D

カンジダ 全自動 迅速 カビ検出 Microbio μ3D


ホーム
定性試験法 定量試験法 VDCS 装置 μ3D 装置 迅速検査キット 培地各種 ご注文 お問合せ 会社概要