培養開始からのミクロレベル継続モニターで迅速検出します。

培養開始からのミクロレベル継続モニターで迅速検出します。

培養開始からのミクロレベル継続モニターにより、コロニーを正確に迅速検出します。

寒天培地培養法(公定法)で、

マイクロコロニー全自動リアルタイム迅速検出

※(例)デソキシコレイト寒天培地で大腸菌を8時間検出

 

寒天培地の培養開始時から、全自動で培養しながら継続モニターし、マイクロコロニー(0.1ミリ以下)のレベルからリアルタイム検出・計数することで、目視よりはるかに迅速となります。

 

全自動寒天培地培養法で、培養開始からマイクレベルの継続モニターによりコロニーをリアルタイムで正確に迅速・計数

 

 

 

 

関連ページ

PHARM TECH JAPAN Vol.32 (論文記事)
タイムラプス影像法は,寒天培地を微生物の生菌センサーとして,標準の培養法(公定法)を培養開始から全自動化してコロニーの検出を迅速化しています。この方法によるマイクロバイオのμ3D検出装置は,従来法のアプリケーション(大腸菌群,食中毒菌,カビ,酵母などの検出,嫌気検出,フィルター法,生菌数カウントなど)全てに対応していて検出・計数が正確で迅速です。
日本防菌防黴学会誌 Vol.46 No,4 (会員の声-培養 -)
微生物検査として生きている菌の検出が要請されますが,寒天培地を生菌センサーとすることが確実であり,培養工程を全自動化して検出を迅速化し,検出結果(培養状況)を数値化(グラフ表示)する検査システムを構築して装置を製品化したマイクロバイオの創業経緯を紹介しています。
ダーラム管からセンシメディアに
試料(液体,粉末,固形物)を入れて培養するだけ。センシメディアには機器は不要です。大腸菌群の迅速検査には最適です。Biomatic VDCS装置を使用すれば全自動迅速検査もできます。
微生物検査に対する社会要請
産業界でも医療界でも微生物検査については,生菌検出が全ての場合に要請されています。寒天培地や液体培地による培養法は、生菌検出が確実なので従来から標準法として微生物検査に採用されています。

ホーム
定性試験法 定量試験法 VDCS 装置 μ3D 装置 迅速検査キット 培地各種 ご注文 お問合せ 会社概要