【サルモネラ 自動 迅速検出】 サルモネラ用寒天培地を全自動迅速微生物検出装置 MicroBio μ3D で使用すれば、自動迅速検出ができます。

サルモネラも全自動迅速検出ができます!

サルモネラも全自動迅速検出ができます!

                    サルモネラ 迅速検出装置 MicroBio μ3D

サルモネラ用寒天培地サルモネラ 迅速検出装置 MicroBio μ3D

サルモネラ寒天培地シャーレをセットして、スタートするだけです。

 

 

サルモネラ検出は、従来から寒天培地に試料を添加して検出する方法が実施されていますが、寒天培地用 全自動微生物迅速検出装置 MicroBio μ3D は タイムラプス影像解析法により寒天培地を培養しながらマイクロコロニーをミクロのレベルで検出・計数しますので、寒天培地培養法により全自動でリアルタイムの迅速検出が実施できます。検出時には即座に機器が自動的にスマートフォンなどに通報し、これを受けたとき、検査室に行くことなく、遠隔操作で確認もできます。24時間年中無休で、マイクロバイオμ3Dが検査実務を担当します。

 

MicroBio μ3D を使用すれば、選択培地による特定菌の検出も自動化、迅速化できます。

 

 


サルモネラ用寒天培地

  寒天培地

PPM001 サルモネラ用寒天培地

サルモネラのように黒色反応を起こすシトロバクター・フレウンデー(C. freundii)をでいるだけ抑制し、分かり易いようにした塗抹用生寒天培地(PPM001)や混釈用の粉末培地(DCM001)を用意しています。(開発アプローチ資料はこちらです。)

 

マイクロバイオ社のサルモネラ寒天培地ではサルモネラが検出されたときはL-リジンが配合されていますので脱炭酸作用を持つサルモネラによって分解されアルカリになり、培地の色が赤紫色になります。他の菌では酸性にまりなすので、コロニーの周囲は緑色になります。

 

この寒天培地だけでかんたんにサルモネラを検出できますが、寒天培地用 全自動検査装置 MicroBio μ3D を使用すれば迅速な検出が実施できます。

 

 

サルモネラ・エンテリティディスが検出されたとき

 

     使用機器:MicroBio μ3D AutoScanner
     標準菌株:Salmonella entiritidis (ATCC13076)
     寒天培地:サルモネラ寒天培地 (マイクロバイオ)(PPM001)
     試料形態:0.1ml試料、塗抹、
     培養温度:40℃ 

 

Salmonella entiritidis 検出グラフ

培養時間

計数

備考

11時間後

2個

初発菌検出

15時間後

 42個

全菌数検出済み

 

 

サルモネラ:ネズミチフス菌が検出されたとき

 

     使用機器:MicroBio μ3D AutoScanner
     標準菌株:Salmonella typhimurium (ATCC14028)
     寒天培地:サルモネラ寒天培地(マイクロバイオ)(PPM001)
     試料形態:0.1ml試料、塗抹、
     培養温度:40℃

 

Salmonella typhimurium 検出グラフ

培養時間

計数

備考

9時間後

1個

初発菌検出

13時間後

34個

プラトー値到達

17時間後

35個

全菌数検出済み

 

 

肺炎桿菌が検出されたとき

 

     使用機器:MicroBio μ3D AutoScanner
     標準菌株:Klebsiella pneumoniae (ATCC33495)
     寒天培地:サルモネラ寒天培地(マイクロバイオ)(PPM001)
     試料形態:0.1ml試料、塗抹、
     培養温度:40℃

 

Klebsiella pneumoniae 検出グラフ

マイクロバイオ社のサルモネラ寒天培地でk. pneumoiaeが検出されるとコロニーの周りが緑色になるので確認が容易です。

 

 


関連ページ

【大腸菌群 自動迅速検出】
公定法で、しかも牛乳試料2ml 混釈でも大腸菌群を全自動で迅速に検出します。
デソキシコレイト寒天培地の混釈試料(公定法)による全自動迅速大腸菌群陰性試験ができます。ACM混釈用培地と再現性の高いMicroBio μ3D全自動迅速微生物検出装置を使用することで牛乳試料2mlの大腸菌群陰性試験が実施できています。
【大腸菌群 陰性試験】
何も起きなくても、大腸菌群の陰性試験が確実です。
センシメディアの大腸菌群検出キットは,迅速な陰性試験(何も起きない)に最適です。1微生物レベルの検出ができる再現性の高い検査キットです。キットは多種のタイプがあり,試料の量は1mlでも100mlでも添加可能で,固形物や粉末には便利です。
【大腸菌群・大腸菌 検出】
大腸菌群を検出したとき、大腸菌の検出確認ができます。
センシメディア(培養してCO2を検出する迅速微生物検査キット)で大腸菌を選択的に検出できますが,大腸菌群を迅速に検出した後,大腸菌もl混在しているか確認できます。
カット野菜試料中の一般生菌数も迅速に全自動カウントできます!
MicroBio μ3D 全自動迅速微生物検出装置を使用すれば,一般生菌数を迅速に計数できます。培養しながらマイクロコロニーを検出してカウント開始するので,検出・計数が速くて正確です。1枚のシャーレで1コロニーから数千コロニーまで精確に計数できます。希釈系列は必要ありません。
【フィルター法 自動迅速検出】
フィルター法で微生物が全自動迅速検出できます。
培養温度は25℃や55℃にも設定できますので,高温での好気性の芽胞菌の検出や比較的低温のカビの検出,あるいはフィルターを乗せた寒天培地を嫌気設定パックに入れて乳酸菌を検出するなどの検査が迅速に全自動で実施できます。正確な検出と計数のため,フィルターは罫線のないものを推奨しています。
【カビ全自動迅速検出・定量】
カビも全自動で迅速検出・定量(コロニー計数)ができます。
カビ・真菌についても全自動迅速検出ができます。また、正確度の高い定量試験が実施できます。
【耐熱性好酸性菌 迅速検出】
耐熱性好酸性菌の迅速検出ができます。
耐熱性好酸性菌Alicyclobacillus の迅速検出は、検査キットでかんたんで確実に検出できます。MicroBio μ3D 全自動迅速微生物検出装置を使用すれば、迅速な全自動検出ができます。
【嫌気性菌 全自動 迅速検出】
嫌気性菌も全自動で迅速検出できます。
嫌気設定された寒天培地シャーレを迅速検出装置にセットして検査をスタートすれば,嫌気性菌も全自動で迅速に検出できます。嫌気性菌にはクロストリジウム(高温培養)や乳酸菌、ビフィズス菌などがありますが、培養しながらマイクロコロニーから迅速検出できます。
【エクソフィアラ 迅速検出】
回収問題を引き起こすエクソフィアラ(黒カビ)も確実に全自動で迅速検出できます。
エクソフィアラは検出が困難な黒カビですが、当社のPDAを MicroBio μ3D で使用すれば、全自動迅速微生物検出ができます。
【サルモネラ 迅速検出】
液、粉、固形試料のサルモネラ迅速検出が容易です。
【サルモネラ迅速検査キット】ストマックする必要はありません。サルモネラ迅速検査キットだけで,試料が液体,粉末,固形物など,形状や色を問わず,サルモネラを迅速に検出します。センシメディアをBiomatic VDCSで使用すれば,自動迅速検出できます。
【クロストリジウム迅速検出】
嫌気性菌で高温培養のクロストリジウムを全自動迅速検出します。バリデーションに注意してください。
クロストリジウムなどの嫌気性菌も、MicroBio μ3Dで全自動迅速検出できます
【好気性菌 カビ 迅速検出】
好気性菌(カビ・酵母など) が迅速検出できます。
好気性菌迅速検出キットのセンシメディアでカビや酵母などの好気性菌を迅速に検出できます。
【特性試験 応用例】
ココア抗菌性をグラフで評価した例です。
微生物の特性試験の実例として、迅速微生物検出キットのセンシメディアを使用すれば、抗菌性について、グラフで評価できます。
【食中毒菌 迅速検査キット】
食中毒菌用の迅速検査キットは各種あります。
【食中毒菌 検査キット】センシメディア検出キットだけで簡単に食中毒菌(サルモネラ,黄色ブドウ球菌,セレウス,リステリア,o157など,)が迅速に検出できます。Biomatic VDCS装置を使用すれば,食中毒菌の自動迅速検出できます。

ホーム
定性試験法 定量試験法 VDCS 装置 μ3D 装置 迅速検査キット 培地各種 ご注文 お問合せ 会社概要