【嫌気性菌 全自動迅速検出】 MicroBio μ3D全自動迅速微生物検出装置でクロストリジウムなど、嫌気性菌も全自動迅速検出できます。

クロストリジウムの検出と嫌気性菌検出のバリデーション

クロストリジウム スポロゲネスの検出と「嫌気性菌検出のバリデーション」について

クロストリジウムは高温でも殺菌が困難な食中毒菌であり、クロストリジウム属はチオグリコレート寒天培地中でないと増殖できないとされています。嫌気性菌検出のバリデーションのためには、クロストリジウム試料をチオグリコレート寒天培地に混釈して嫌気設定キットで嫌気にし、MicroBio μ3Dにより35℃培養して菌の検出を確認します。次の検出結果は、BioBall30をチオグリコレート培地で混釈して検出を確認したものです。

 

     使用機器: MicroBio μ3D AutoScanner
     試供菌株: BioBall30 [ Clostridium sporogenes (NCTC 12935 )]
     寒天培地: チオグリコレート寒天培地
     試料形態: BioBall30を混釈して嫌気設定キットでパッキング
     培養条件: 35℃ 42時間培養
     試験結果: 36時間で31コロニー検出 (標準のBioBallが1生菌多かったもの)

 

42時間培養後

影像

計数マーカー

 

 

 

 
上記のグラフは検査時にも表示できます。自動検出計数はグラフが示しているように、この例では36時間で検出計数が31個として完了しています。
 

 

次のケースは、BioBall30を標準菌株としてSCD寒天培地に混釈してクロストリジウムの検出を確認したものです。
 
     使用機器: MicroBio μ3D AutoScanner
     試供菌株: BioBall30 [ Clostridium sporogenes (NCTC 12935 )]
     寒天培地: SCD寒天培地
     試料形態: BioBall30を混釈して嫌気設定キットでパッキング
     培養条件: 35℃ 42時間培養
     試験結果: 26時間で3コロニー検出 (標準のBioBall30の生菌が3生菌に激減)

 

42時間培養後

影像

計数マーカー

 

 

 

 

 

この結果が示すように、検出計数したコロニーが3個と激減しています。 SCD寒天培地で通常通りに混釈しますと、シャーレを嫌気設定キットでパッキングしても培地中のクロストリジウムが死滅してしまいますので、標準菌株を「SCD寒天培地での混釈」したものでは嫌気性菌検出のバリデーションができないことになります。

 

クロストリジウム属菌は、偏性嫌気性の芽胞を形成するグラム陽性の桿菌です。酸素が全くない嫌気的条件でのみ増殖が可能な菌で、チオグリコレート培地では増殖すると言われています。

 

 

関連ページ

【大腸菌群 自動迅速検出】
公定法で、しかも牛乳試料2ml 混釈でも大腸菌群を全自動で迅速に検出します。
デソキシコレイト寒天培地の混釈試料(公定法)による全自動迅速大腸菌群陰性試験ができます。ACM混釈用培地と再現性の高いMicroBio μ3D全自動迅速微生物検出装置を使用することで牛乳試料2mlの大腸菌群陰性試験が実施できています。
【大腸菌群 陰性試験】
何も起きなくても、大腸菌群の陰性試験が確実です。
センシメディアの大腸菌群検出キットは,迅速な陰性試験(何も起きない)に最適です。1微生物レベルの検出ができる再現性の高い検査キットです。キットは多種のタイプがあり,試料の量は1mlでも100mlでも添加可能で,固形物や粉末には便利です。
【大腸菌群・大腸菌 検出】
大腸菌群を検出したとき、大腸菌の検出確認ができます。
センシメディア(培養してCO2を検出する迅速微生物検査キット)で大腸菌を選択的に検出できますが,大腸菌群を迅速に検出した後,大腸菌もl混在しているか確認できます。
カット野菜試料中の一般生菌数も迅速に全自動カウントできます!
MicroBio μ3D 全自動迅速微生物検出装置を使用すれば,一般生菌数を迅速に計数できます。培養しながらマイクロコロニーを検出してカウント開始するので,検出・計数が速くて正確です。1枚のシャーレで1コロニーから数千コロニーまで精確に計数できます。希釈系列は必要ありません。
【フィルター法 自動迅速検出】
フィルター法で微生物が全自動迅速検出できます。
培養温度は25℃や55℃にも設定できますので,高温での好気性の芽胞菌の検出や比較的低温のカビの検出,あるいはフィルターを乗せた寒天培地を嫌気設定パックに入れて乳酸菌を検出するなどの検査が迅速に全自動で実施できます。正確な検出と計数のため,フィルターは罫線のないものを推奨しています。
【カビ全自動迅速検出・定量】
カビも全自動で迅速検出・定量(コロニー計数)ができます。
カビ・真菌についても全自動迅速検出ができます。また、正確度の高い定量試験が実施できます。
【耐熱性好酸性菌 迅速検出】
耐熱性好酸性菌の迅速検出ができます。
耐熱性好酸性菌Alicyclobacillus の迅速検出は、検査キットでかんたんで確実に検出できます。MicroBio μ3D 全自動迅速微生物検出装置を使用すれば、迅速な全自動検出ができます。
【嫌気性菌 全自動 迅速検出】
嫌気性菌も全自動で迅速検出できます。
嫌気設定された寒天培地シャーレを迅速検出装置にセットして検査をスタートすれば,嫌気性菌も全自動で迅速に検出できます。嫌気性菌にはクロストリジウム(高温培養)や乳酸菌、ビフィズス菌などがありますが、培養しながらマイクロコロニーから迅速検出できます。
【エクソフィアラ 迅速検出】
回収問題を引き起こすエクソフィアラ(黒カビ)も確実に全自動で迅速検出できます。
エクソフィアラは検出が困難な黒カビですが、当社のPDAを MicroBio μ3D で使用すれば、全自動迅速微生物検出ができます。
【サルモネラ 迅速検出】
液、粉、固形試料のサルモネラ迅速検出が容易です。
【サルモネラ迅速検査キット】ストマックする必要はありません。サルモネラ迅速検査キットだけで,試料が液体,粉末,固形物など,形状や色を問わず,サルモネラを迅速に検出します。センシメディアをBiomatic VDCSで使用すれば,自動迅速検出できます。
【サルモネラ自動迅速検出】
サルモネラも全自動迅速検出ができます。
サルモネラ用寒天培地を全自動迅速微生物検出装置 MicroBio μ3D で使用すれば、迅速検出ができます。
【好気性菌 カビ 迅速検出】
好気性菌(カビ・酵母など) が迅速検出できます。
好気性菌迅速検出キットのセンシメディアでカビや酵母などの好気性菌を迅速に検出できます。
【特性試験 応用例】
ココア抗菌性をグラフで評価した例です。
微生物の特性試験の実例として、迅速微生物検出キットのセンシメディアを使用すれば、抗菌性について、グラフで評価できます。
【食中毒菌 迅速検査キット】
食中毒菌用の迅速検査キットは各種あります。
【食中毒菌 検査キット】センシメディア検出キットだけで簡単に食中毒菌(サルモネラ,黄色ブドウ球菌,セレウス,リステリア,o157など,)が迅速に検出できます。Biomatic VDCS装置を使用すれば,食中毒菌の自動迅速検出できます。

ホーム
定性試験法 定量試験法 VDCS 装置 μ3D 装置 迅速検査キット 培地各種 ご注文 お問合せ 会社概要